今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語とドイツ語の「方言」

<<   作成日時 : 2012/02/19 04:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

wikiの左側に Language のバーがありますね。昨日から様々な言語の『主の祈り』を読んでいます。さすが、言語の数が半端ない。

私はクリスチャンではないです。子どもの頃、ルーテル教会の日曜学校に通って、『主の祈り』は「天にまします我らの父よ。願わくば…」がうろ覚えです。

カシューブ語は初めて聞きました。リトアニア語はダイアクリティカル・マークが多くて、1カ月ほど前に初めて見た時は「文字が踊ってる!」と驚きました。今は見慣れて、オゴネクもハーチェクも使うところが好きです。

日本もそうですが、英語も宗派や時代ごとに訳が載っています。スコットランド英語は3つ。宗派の違いより「言葉の違い」が際立ちます。

スコットランド英語
http://sco.wikipedia.org/wiki/Laird%27s_Prayer

一般的な英語はイングランドが発祥ですね。ノルマン・コンクェスト(1066年)以降、ノルマン・フレンチが入ってきて言葉が変わり、ややフランス語的な中世英語から近代英語、現代英語に発展してきた。

一方、スコットランドはノルマン・フレンチの影響が少なく、古い英語の面影が残っています。だから、低地ドイツ語に近い部分がある。ゲール語の影響も受けながら、独自に発達した歴史があります。

日本では「方言」は基本的に話し言葉ですね。ネット上で意図的に関西弁を使う人もいるし、方言を標準語と思い込んで使って通じないこともある。でも、学校のレポート、社会人になったら報告書や企画書……標準語で書きますね。

キリスト教圏は、その土地の言葉の聖歌や祈祷が少なくないです。宗教以外でも、書き言葉としても使われます。『ペンタメローネ(五日物語)』はナポリのイタリア語です。こうした背景があるので、意図しなくても「癖が強い文章」を書く人もいます。

さて、『主の祈り』のwiki に話を戻します。
〜sch はだいたいドイツ語です。上から2番目の Alemannnisch はアレマン方言です。アルザス語があります。Ripoarisch はボンのほうでしょうか。

ドイツ語は地域差が大きいですが、発音の違いだけではないです。綴りも一部違います。

標準ドイツ語で「ドイツ語」は Deutsh ですが、
低地ドイツ語は Dietsh、Duutsch(uにウムラウト)という綴りもあります。
実際に見るほうが早いです。
http://nds.wikipedia.org/wiki/Vadderunser

一番上の Platt はドイツ語で「平たい」の意味です。英語の flat です。
オランダ語は paarl (真珠)のように a が二つ並ぶ綴りで「アー」と伸ばします。この特徴はありますが、「父」が Vadder です。

オランダ語:vader
標準ドイツ語:Vater

どちらでもない。低ザクセン語など、メジャーな低地ドイツ語は別に項目があります。どこの言葉かわからない。

2番目は標準ドイツ語の1970年訳と同じなので(自信は持てませんが)、「高地ドイツ語」と書いてあると思います。

Plautdietsh はオランダで迫害を受けて、16〜17世紀にポーランドに移住したメノナイト(プロテスタント)の信者の言葉です。ヴィソワ川の河口(グダニスクのあたり)で暮らしていました。場所柄、プロイセン方言とは相互に影響し合った言葉だそうです。

Plautdietsh は宗教亡命者の言葉だからなのか、エルベ川以東の低地ドイツ語は珍しく、言語復興運動があります。こちらの動画は英訳がついています。



yes が yo(ヨー)ですね。
オランダ語、アフリカーンス語、ドイツ語では ja
アフリカーンス語も「ヤー」と発音します。
プロイセン方言は yoa だという記述を見たことがあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英語とドイツ語の「方言」 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる