今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィズナの戦い

<<   作成日時 : 2012/02/11 04:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ポーランド侵攻(1939年)は英語で September Campaign です。ポーランド軍がナチスドイツ軍に抵抗した「ヴィズナの戦い」は、あまり知られていません。日本語では調べられませんでした。

ヴィズナはワルシャワの北東の村です。1939年9月7日、この村の近くで、ポーランド陸軍の第18連隊が反撃を開始。兵力の差は、

ナチスドイツ軍
人員:4万2200人
戦車:350
装甲車、機関銃など:657
空軍の支援(陸と空の立体展開)

ポーランド陸軍第18連隊
人員:720人(うち士官は20人)
高射砲:76
機関銃:42
対戦車ライフル:2

第18連隊は孤立していて、援軍はなかった。
これだけ差があって、ナチスドイツの戦車を10機つぶしています。

3日間の攻防戦で、ポーランド側は650名が死亡、40名が捕虜になりました。ナチスドイツ側の正確な死亡数は不明ですが、推定で約1000名が戦死。

スウェーデンのヘヴィメタルバンド、サバトンはヴィソナの戦いを 40 to 1 という曲にしています。40対1という意味です。実質は40対1どころではなく、人員だけでも、58対1です。物量的には100対1を超えている。

サバトンは英語で歌いますが、この曲では Reich(帝国)、Wechrmacht(軍隊)と一部ドイツ語を使っています。Rの巻き舌がすごい。戦争をテーマにした曲がいくつもあり、「ウォー・メタル」とも呼ばれるジャンルを切り開いたバンドです。

この曲で、ヘタリアAPHが作成されています。
第二次世界大戦時の写真を数多く使った異色のAPHです。



馬が出てきますね。ポーランド側は騎兵部隊が中心でした。ポーランド・ソヴィエト戦争(1919〜1921年)の経験から、騎兵部隊を強化していた。南部の山岳地帯以外はほとんど平野、湿地、森林です。冬はマイナス10度以下になります。

経済的な事情もあったと思います。独立後はインフラ整備。産業化を推進していたら、世界大恐慌で大打撃を受けた。1930年代、戦車の性能はさほど高くないです。燃料切れも怖い。経済力・時代・地勢・気候を考えると「騎兵部隊のほうが合理的」です。

装甲列車は配備していました。石炭はわりと豊富です。装甲列車は第二次大戦まで活躍し、米軍や旧ソ連軍も使っています。APHに列車に乗った兵士の写真がありますね。この列車は、おそらく装甲列車です。

このAPHの曲には、変わったエピソードがあります。ファンがポーランド語の字幕をつけ、当時の写真や映像を追加して再構成した動画をサバトンに送りました。

サバトンは、このファンメイド動画をYouTubeの公式チャンネルにアップ。レコード会社の承諾を得なければ、できないことです。桁違いの迫力です。
http://www.youtube.com/watch?v=ivgCD31iKyg

何回もポーランド語字幕が画面いっぱいに出るのに、アクセス数は110万を超えています。YouTubeでアクセス数100万以上は、複数の国で話題にならないと達成できない数字です。

(APHは公式PVの映像・写真は一切使っていません)

この曲を発表する前から、サバトンは自国スウェーデン以外でも人気がありました。ファンメイド動画を公式にして、ポーランドや北米のポーランド系の間でブレイクしました。

翌年、サバトンは Uprising を収録したアルバムをリリース。多数の民間人も加わってナチスドイツ軍に武装蜂起したワルシャワ蜂起(1944年)がテーマです。一部ポーランド語を使い、さらに人気を得ます。

Warszawo walcz!
(ヴァルシャァヴォ・ヴァルチ=ワルシャワの抵抗と苦闘)

walcz は強いものに抵抗して戦う、もがき苦しみながら戦う。
woja(戦い)、bic(戦闘) よりも「圧倒的に不利だが、抵抗してあがく」という意味合いが強い。ポーランド語をかじり始めて2カ月なので、確信は持てませんが。


スウェーデンの人口は約940万人。サバトンが英語で歌うのは、自国の市場が小さく、成功しても、大きな収入が期待できないという事情があると思います。

ポーランドの人口は約3800万人。北米などのポーランド系は2千万人以上でしょうか。移民が多いのです。スウェーデンのサバトンにとって、ポーランド人やポーランド系の支持を得たことは、非常に大きいです。

英語の歌詞にドイツ語やポーランド語を織込むサバトンのウォーメタル、私は好きです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴィズナの戦い 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる