今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑ウクライナ

<<   作成日時 : 2012/01/22 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウクライナ史の長編ドキュメントを全編観ました。うろ覚えの部分をチェックしようとたら、削除されていた…。監督のプロダクション直々の削除です。

20世紀以降はわずかに…なところはあるけど、映像作品として一流です。「この監督、ドキュメンタリーでは有名な人かな?」と思って調べたら、ポーランドの著名な映画監督です。

うろ覚えで気になった部分の一つが「クリミア戦争に負けたロシア帝国は、農奴を解放した。だが、土地は与えられなかった。購入も借地も高価だった。都市の労働者になることを好まなかったウクライナ人は移民したり、中央アジアやシベリアに入植した。アムール川を越え、太平洋沿岸にも入植した。いわゆるグリーン・ウッジ(ウッジ、と聴こえた)である」

アムール川は黒龍江のことですね。黒龍江より東、太平洋岸沿岸というと、日本に近い。スペルがわからなくて、green ukraine で検索。日本語もありました。

 緑ウクライナ

現在の沿海地方とアムール州の一時期の地名です。ウクライナ人は最も多かった頃、全人口の半分弱。先住民族と李氏朝鮮時代に入植した朝鮮人も住んでいました。ロシア革命後、日本が出兵した地域です。

スラヴ人には、色で方角を示す慣習がありました。

白ルーシ、紅ルーシ
http://oonagh.at.webry.info/201111/article_21.html
緑は初めてです。胸熱です。

1918年 緑ウクライナはウクライナ国の一部になる
1920年 ボリシェヴィキが傀儡政権の極東共和国を設立
1922年 極東共和国が解体、ソヴィエト連邦の一部に

極東の地で独立しようとしたけど失敗。日本は反革命勢力を支援しています。

さて、ホフマン監督の最新作は、1920 Bitwa Warszawska(1920年ワルシャワの戦い)です。赤軍がワルシャワを包囲したものの、ポーランド側が勝利。ボリシェヴィキが世界共産主義革命を断念、それまでのロシア内戦の疲弊もあり、内政重視に移行した歴史的な戦いですが、日本では軽視されています。

社会主義政権時代は、公には言えない戦いだったそうです。時々「日本って、こんなにソヴィエト・ファンがいる?」と思う。旧ソヴィエトのプロパガンダを信じ込んだり、訳わからない。芸術とスポーツは賞賛に値しますが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑ウクライナ 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる