今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS アニソン英語版 -2-

<<   作成日時 : 2011/12/10 06:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

放送基準は国ごとに違います。日本では低年齢層向けアニメでも、海外では深夜枠だったりします。犬夜叉と名探偵コナンは、アメリカではカートゥーンネットワークのアダルトスイム枠でした。14歳以上が対象の枠です。ブリーチも、この枠です。

2000年代前半まで、12〜13歳以上がターゲットのアニメでも、OPを英語に変えることがありました。幽々白書、犬夜叉の最初のOP/EDは無理がある英語に聴こえます。アメリカでの放送開始は、両方とも2002年です。

日本で作成された英語歌詞もあります。アーティストが海外進出を狙ったり、アニメ会社やレコード会社が作成したり。

るろうに剣心の最初のOPです。全米放送開始は2003年。
http://www.youtube.com/watch?v=UIcvHSUCiAs

名探偵コナン(英語タイトル:Case Closed)はフォーキッズで放送予定でしたが、話がまとまらず、最初の全米放送は2004年です。
http://www.youtube.com/watch?v=z4cDjGKAraY

英米が本場の曲調とはいえ、英語が自然で、曲の疾走感が壊れていない。冒頭の「100年ぶりの世紀末」は21世紀に入って使いにくかったのか、こう変わっています。

It was the first new century in one hundred years

この改変は商業的にしかたないと思います。childの部分がコナンと小学生、pounding of my heart の所は蘭がコナンを抱きしめたり、歌詞と絵が合う部分があることを評価したいです。

同年、ADVが自社チャンネルで DNAngel を放送。OPは英語が乗りにくい曲調ですが、シラブルがメロディと一致。意味は2フレーズ以内でほぼ合い、日本語オリジナルの歌詞と絵の流れに沿っています。
http://www.youtube.com/watch?v=vZOflgF48LU

アメリカで直訳からアダプテーションした英語歌詞です。日本の著作権者に許可を申し出てCD化した珍しいOPです。

2004年はOP転機の年だと思います。成功を収めたウルフズレインの全米放送も同じ年です。最初から英語ですね。OPは完成度が高い。
http://www.youtube.com/watch?v=xoQuu7GPxAI
歌詞
http://www.youtube.com/watch?v=fBb6V98rn7I

これ以降、英語化は下火になります。数年前から、子ども向けは英語OP/ED、アニメファン向けは日本語オリジナルのまま通すのが一般的です。日本語オリジナルが英語なら英語、日本語なら日本語。たまに日本語から英語歌詞が作られますが、少ないです。

次回は、アニソン英語版が作られる過程を見て行きたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニソン英語版 -2- 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる