今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS Code Geass TURN 5 Knights of the Round

<<   作成日時 : 2011/07/21 04:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2期の「第二次太平洋戦争」は、吹替えでも 2nd Pacific War です。

第5話は、後半の流れが巨大ピザで台無しです。良い機会なので、映画『Vフォー・ヴェンデッタ』のトレイラーの音声を使った動画を紹介します。この映画と原作は、元ネタというか…。この先、そっくりな展開があります。

原作は、イギリスの漫画です。英米独合作で映画化されました。作成者のミスなのか、後半は音声がありません。同じ映像の繰り返しです。




日本の公式トレイラー
http://www.youtube.com/watch?v=VS8iatCD2Pw

舞台は独裁国家と化した近未来のイギリス。ヴェンデッタは、仮面を被ったテロリストです。復讐あり、爆破ネタあり。まあ、オリジナル物のアニメですから…。ハインラインのSF小説『宇宙の戦士』のパワードスーツはお馴染ですし、ガンダムはパクリと言われていますね。

Vフォー・ヴェンデッタのトレイラーや場面を使ったコードギアスの動画は何種類もあります。ただ、これというのがない。Z for Zero が有名ですが、今回アップした動画は、日本の公式トレイラーに近いです。

他は、マザーグースを引用した台詞入りです。

Remember, remember, the Fifth of November.

原作と映画は、17世紀イギリスの火薬陰謀事件(Gunpowder Plot)と実行責任者のガイ・フォークスが下敷きです。カトリック貴族が国教徒優遇政策を取るジェームズ1世の爆殺を計画、元軍人のフォークスを引き入れます。計画は寸前に発覚し、1605年11月5日、フォークスは逮捕され、翌年処刑されました。

宗教戦争の時代です。後年、ジョン・ミルトンが詩にしたり(事件当時は生まれていない)、マザーグースで語り継がれます。イギリスでは、毎年11月5日はガイ・フォークスの日です。子どもがガイ・フォークス人形を作って、町や村を回り、最後は火にくべる習慣は廃れ気味ですが、かがり火や花火は残っています。

19世紀以降は芝居や小説に、20世紀には漫画になり、「巨悪に立ち向かうダークヒーロー」のイメージが定着します。21世紀に入ると、ガイ・フォークス人形の仮面はサイエントロジーに対する批判活動で使われるようになります。4chan(日本の2ちゃんねるがモデル)やYouTubeなどネット発信が盛んです。



V for Vendetta Mask / アノニマス/ガイ・フォークス 仮面 マスク
仮面

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by V for Vendetta Mask / アノニマス/ガイ・フォークス 仮面 マスク の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Code Geass TURN 5 Knights of the Round 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる