今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本アニメの海外展開は苦戦中だと思う

<<   作成日時 : 2011/06/16 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月3日に『デュラララ!!』がカートゥーン・ネットワークのアダルトスイム枠で全米放送開始のはずが結界師リピート放送中だと書きましたが、放送日が決定しました。6月25日(26日)です。

http://www.animenewsnetwork.com/news/2011-06-10/durarara-premieres-on-u.s-adult-swim-on-june-25/26

英語タイトルはそのまま、Durarara!! です。来週土曜(日曜)は、こんなラインナップになりそうです。

0:00 ブリーチ
0:30 デュラララ!!
1:00 鋼の錬金術師(吹替え版の放送が遅かったため、第51話)
1:30 FLCL(フリクリ)再放送
2:00 カウボーイ・ビバップ(2話連続・再放送)
3:00 攻殻機動隊(2話連続・再放送)
4:00 ブリーチ(同日放送分のリピート)
4:30 デュラララ!!( 〃 )

フリクリは今週放送分が第5話、来週が最終話だから、来月以降、この枠がどうなるか気になります。新作なら情報が出る時期です。今は0:30〜の結界師のリピート放送が移動するか、鋼の錬金術師が2話連続になるか…。

再放送できる作品は少ないです。カートゥーン・ネットワークは、過去に放送した日本アニメの権利の大半を売却済です。経営上の問題か、自社製作アニメの製作費のためかもしれないので「日本アニメに見切りをつけた」とは思いませんが、放送作品数は減っています。

北米、とくにアメリカは市場が大きいだけでなく、他の英語圏に大きく影響します。吹替え版がイギリスやオーストラリアなどで放送されるから、アメリカで苦戦するのは痛手です。

北米で評価されたら、次は中南米、ヨーロッパ、アジア各国というのが一昨年までの展開で、去年もまだ潮流は残っていたけれど、今年はもう…。ネット配信が増えて、DVD・ブルーレイを売るどころではない。TV放送すら危うくなっています。

鋼の錬金術師が1話放送のままなら、8月頃が最終話ですね。1クール物は敬遠されるので、最低でも2クール物。吹替えの出来に左右されるから、デュラララ!!のように吹替え版があり、まだTV放送されていない作品になりそうな気がします。

暗い話になってすみません。来週土曜深夜から全米放送が始まるデュラララ!!のトレイラーが見つからないので、スポイラーを探しましたが、折原ばかりです。中の人の人気でしょうね。

折原役は、ブリーチで主役のジョニー・ヨン・ボッシュです。フリクリの後番組なら、何とかなると思いますが、ブリーチの直後に始まるのは…。



鋼の錬金術師は結界師の直後で、主役が両方ともVic Mignognaです。年齢が近く「習得可能なスーパーナチュラルな能力を持つ熱血キャラ」だから、まったく違う声で演じられないというか、ほとんど同じ声です。

ボッシュもMignognaも、良いボイスアクターです。アメリカにも声ヲタさんはいるから、声に鈍感なはずない。アメリカ側が神経を使わない以上、一部はカナダの製作会社にするなど工夫して、ボイスアクター被りを避けることは不可能とは思えません。ジャンプアニメは実際にやっています。これをやらないと、先細りが進むだけだと思います。

日本の企業が、むかっ腹が立つことをやるのもいやですね。日本では非常に高価な某アニメが、アメリカではネットで無料で観られるわけで。
暗澹とした気持ちになる北米の日本アニメ事情でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本アニメの海外展開は苦戦中だと思う 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる