今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS Code Geass STAGE 8 The Black Knights

<<   作成日時 : 2011/02/23 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

吹替え版の映像のサブタイトルは全部大文字、北米公式サイトは大文字と小文字を混ぜた表記です。
STAGE はどちらも大文字なので、横に並ぶと見づらい気がします。今回は大文字・小文字を混ぜました。

ギアスの力で奪ったトレーラーを土産に扇グループの仲間になるというか、手下にするというか…。土産なしでは受け入れられないのに、ずいぶん偉そうです。

■キーワード

the absolute power to compel any one to follw any order
アバンでC.C.が「絶対遵守の力」を説明

ally
同盟、盟友、味方

offspring
子、子孫

knighs for justice
「正義の味方」の訳

■電話に出ない理由
人質事件の報道直後、ルルーシュはリヴァルからの電話を留守電に切り替えますね。日本語で観た時は「話す余裕がない」と思いましたが、吹替え版では「一言でも話すのはまずい」という感じです。

リヴァルとはブリタニア語で話しますね。ゼロはスザク救出時には交渉した経緯から、ブリタニア語が堪能なのは明らか。でも、ブリタニア人の友人・知人がいると知られるのはまずいです。

■ニーナの一言
「イレ、イレブン…」と怖がるニーナに日本解放戦線が激怒しますね。前に私は、ニーナは日本人を「知らないから怖い」と書きました。今回は誰でも怖い状況で、つい口に出てしまったことから事態が悪化する。英語だと、妙にリアルです。

■英語の字幕
「発射」は画面右上に“FIRE ”と字幕が出ます。初めて観た時、ちょっと感動しました。

■余裕がある時は、dear を使う
ルルーシュが、ふだんはあまり言わない“dear”を使います。
動揺を見せたコーネリアに dear sister、
人質を解放した後、My dear Britanians、
トレーラーと小隊にも満たない人数の武装集団を得て、上から目線です。

■予告
総集編の8.5話はアメリカでは放送されなかったので、第9話の予告です。

ゼロの初演説については長くなるので、次回に。
有名な演説から引用したタイトルを用意してあります。
ヒントはゼロの演説に出てくる fear です。わかった方、コメントかメッセージお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Code Geass STAGE 8 The Black Knights 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる