今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 餃子? 日本風ピエロギ?

<<   作成日時 : 2012/04/11 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ポーランドの伝統料理ピエロギは、小麦粉を水などで練って皮をつくり、中に具を入れます。茹でるのがいちばん多くて、その次がフライパンで焼く。オーブンで焼くこともあります。

ひき肉入りピエロギは餃子みたいだなぁと思っていたら、作る過程も餃子です。どう見ても餃子です。あと、皮を伸ばしてコップで型を抜くのは他の料理でも出てきます。

作り方の動画を見つけました。場所はソポト。グダニスクの北です。後半はジュレックというスープです。英語は見つからなくて、ドイツ語です。



まるで水餃子です。グラスで型抜きするのは、他の料理でも出てきます。

この動画を観た後、夕飯を作りました。主菜は鶏の唐揚げ。急にピエロギ的なものが食べたくなって、冷凍食品の餃子も揚げました。家人はえらく気に入って「冷凍でも揚げたては別。皮がパリッとしてうめぇ」だそうです。

ピエロギの発祥地は、現在はロシア西部のスモレンスク地方発祥です。ほぼ同じものがロシアだけでなく、ベラルーシやウクライナでも食べられています。イタリアのラビオリ、中国の餃子やワンタンは同じ系統ですね。ユーラシア大陸全域に広がっています。

ポーランドでは、日本風の薄い皮で作る餃子を「ピエロギ・ヤポンスキ(日本風ピエロギ)」と言うそうです。バルシチ・リフテスキ(リトアニア風バルシチ)など、料理に国名を入れるのが普通の国柄ではありますが。

それにしても、小麦粉の皮に何か包んで調理するだけで、ぐっと美味しくなるのはなぜろう…。餃子やシュウマイの皮にチーズを包んで揚げただけでも、私は好きです。そこらのプロセスチーズで充分だと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
餃子をナイフとフォークで食べる様子が面白いですね。
中にフルーツを入れたピエロギも存在するようですが、ポーランド人はあまり美味しいとは思ってないご様子。
揚げ餃子はチーズと一緒にバナナやリンゴを入れると南国の味になって美味しいですよ。
サイゴンキ
2012/04/12 02:25
サイゴンキさん、はじめまして。私も「水餃子をナイフとフォークで食べてる!」と思いました。果物の揚げ餃子は子どもに喜ばれそうですね。
うーな
2012/04/12 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
餃子? 日本風ピエロギ? 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる