今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 16〜17世紀イングランドの腐女子

<<   作成日時 : 2012/03/20 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

家人が録画していたモンティ・パイソンのTVシリーズ(英BBC)を観ました。1972年製作分です。16世紀か17世紀初頭のイングランドを舞台にしたコメディがありました。Her Majesty(女王陛下)と聴こえたので、たぶんエリザベス1世の時代です。

スペイン船からお宝(ポルノ)を強奪した男が帰宅すると、妻は「シェイクスピアの新作」を読んでいた。夫を my lord と呼んだから、夫婦の身分は高い。妻が読みふけっていたのは、

 Gay Boys in Bontage(スペルは失念)

当時の俳優は全員が男性で、少年が女性を演じていましたね。実際に、女性がやおい的な楽しみを見出していたか不明です。1970年代のイギリスにはBL好きな女性がいて、笑えるネタになっていたのでしょう。

北米も、やおい文化(?)の歴史がありますね。初代スタートレックでカーク船長×スポックとか。当時30代だった俳優で萌えられる北米人すごい。

もちろん、そういうのが好きでないファンには嫌われています。日本アニメ吹替え多数の米ボイスアクター、ヴィク・ミニョーナはスタートレックの大ファンで、やおい嫌いでも有名です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
現代でもイギリス制作のドラマ「秘密情報部トーチウッド」がえらいことになってました。主人公がまさかのゲイ・・・
 
2012/03/20 18:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
16〜17世紀イングランドの腐女子 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる