今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS こんなドイツ語、見なきゃよかった

<<   作成日時 : 2012/02/25 18:43   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ヘルシングOVAのドイツ語吹替えトレイラーを偶然見つけました。ミレニアムの章です。よく表現されていますが、見てはいけないものを見た気がしました。

ドイツ語のネオナチは「見てはいけないものを見る感覚を引き起こす」も大事な要素だと思います。おぞましさがなければ、作品の良さが半減します。

さて、ドイツの極右政党のプラカード(?)がポーランド語で何となくわかって、驚きました。wiki のドイツ国家民主党(NPD)のページの写真です。

Nie mehr Bombernterror

つい、ポーランド語の感覚で「何に抗議しとるん? 爆弾テロ反対?」でした。私が初めて覚えたポーランド語のフレーズは、Nie 〜 という否定形です。

この写真は「ドレスデン空爆はホロコースト」と訴えた街頭デモだそうです。以前、NPDは「ホロコーストはねつ造」と言ってたはず。

mehr=more、英語的には、

No More Bomber Terror

ポーランド語をかじって、すぐ中断する私でも見当がつくわけです。ポーランド人は「反対している」「抗議している」を瞬時に理解すると思います。

このドイツ国家民主党(NPD)は、2009年にドイツ北東部のメクレンブルク=フォアポンメルン州の国境近くで「ポーランド人の侵略を阻止しろ」とプラカードを立てたそうです。これもポーランド人は部分的にはわかったかもしれない。

こういう言語感覚は、できれば増税反対などのデモの報道で知りたかったです。「何が嫌なん? あ、増税ね。反対するのわかるしー」と。

ドイツでは、極右政党の支持者は10%以下です。5%以上の票を選挙で獲得しないと、議席が取れないシステムだから、わかりやすい。大半のドイツ人は現実的だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんなドイツ語、見なきゃよかった 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる