今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏目友人帳・英語版

<<   作成日時 : 2012/01/13 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

漫画の英語版・フランス語版・マンダリン版(台湾)が刊行されている『夏目友人帳。英語版はビズメディアの少女向け漫画部門、Shojo Beat から出ています。英語版は10巻まで(2月に11巻が発売予定)、フランス語版は11巻まで。

英語版(北米)
http://www.shojobeat.com/manga/bof/
英語版(オセアニア)
http://www.madman.com.au/actions/catalogue.do?method=browse&periodicalId=464
フランス語版
http://www.akata.fr/manga.php?id=82

漫画は堅調ですが、アニメのライセンスがなかなか決まりませんでした。いわゆる妖怪物は、海外で人気があるジャンルです。

クランチロールがTV東京と提携して、正規配信を始めたのが2009年1月ですね。夏目友人帳の2期が始まった時で、同日配信でした。この時、1期も配信しています。3期以降も、クランチロール配信です。

ライセンスが決まるのが遅かったのは、ビズメディアがアニメと漫画の両方を効果的に展開したいからではないか、と見ていました。フランス語圏に比べて、北米は少女漫画がやや弱いです。

銀魂は北米のライセンスがセンタイフィルムワークスで、何というか苦戦しています。旧ADV時代はヒット作があったのに、不可思議な解体劇のあとは今一つ…。

でも、4期まで続くアニメのライセンスが決まらないままだと、違法配信の原因になります。レンタルすらできない状況では、違法ダウンロードを止められない。

結局、日本一ソフトウェアの米子会社、NISアメリカに決まりました。米法人の設立は2003年ですが、アニメは最近です。パンドラハーツ、荒川アンダーザブリッジ、刀語、とらドラ!など。夏目友人帳が11本目です。

吹替えなし、字幕のみです。NISアメリカは吹替え版を製作しない方針のようです。パンドラハーツはフランス語、とらドラ!はイタリア語やタガログ語に吹替えられましたが、英語版は字幕版のみです。

NISアメリカは意外でした。ペルソナ・シリーズはトリニティソウルのライセンスを持っていますが、ペルソナ4はセンタイフィルムワークスです。旧ADV時代の力はないとはいえ、自社でストリーミング配信をやっていること、15年以上の小売の実績を考慮した結果だと思っていたのですが…。

夏目友人帳のDVD/ブルーレイの発売日は未定です。刀語や荒川アンダーザブリッジはDVD/BDのセット販売で、50ドル以上です。このセット販売は高いだけで、ほとんど意味がない。この方式は止めてほしいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏目友人帳・英語版 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる