今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS ファニメーションが中国・韓国の映画を配給

<<   作成日時 : 2011/11/25 02:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

7〜8月、ライセンスを怒濤の勢いで取得したセンタイフィルムワークスが、このところ動きが鈍いです。個人的には、良いことだと思います。あの勢いが続いたら、一つ一つの作品をプロモーションできないです。

さて、最大手のファニメーションは11月23日、中国と韓国の映画の配給権を獲得したと発表しました。

中国映画『孔子の教え(邦題)』
http://www.animenewsnetwork.com/news/2011-11-23/funimation-acquires-confucius-live-action-chinese-film
韓国映画(ドラマのスピンオフ)
http://www.animenewsnetwork.com/news/2011-11-23/funimation-adds-live-action-korean-athena/goddess-of-war-film

ファニメーションは日本映画初の海外配給専門レーベル、SUSHI TYPHOONと提携しています。日活との共同事業です。

今年4月にナバレから離れました。実写の配給に本腰を入れて、経営を安定させる方向でしょう。同時に「アニメだけでは難しいのか…」と思わせるニュースです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
すっごい久しぶりにファニメーションみてたら、韓国の実写が混ざっててイラッとしたからぐぐって見たら、こんな昔からなんだ。
なんでも日本と抱き合わせ商法、キモ過ぎて吐き気がするわ。
ななーし
2014/05/07 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファニメーションが中国・韓国の映画を配給 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる