今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 吹替え収録を撮影・公開する事情

<<   作成日時 : 2011/10/11 04:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

5年前の動画ですが、収録現場の公開は少ないので…。エウレカセブンの収録を一部公開した動画です。レントン役のジョニー・ヨング・ボッシュが説明します。

ADRプロダクションは、日本アニメを数多く手がける Bang Zoom! です。収録する場所をよく「ブース」と言います。

途中、ADRディレクター兼ADRスクリプト担当のトニー・オリバーが出てきます。ゴンジイ役でもあります。経験を積んだボイスアクターがADRディレクターになり、役もこなすのが一般的です。ホランドの声はクリスピン・フリーマンです。



レントン役は、当初はユーリ・ローウェンタールでした。第13話まで収録した後、ディレクターが「声が低すぎる」と判断、ボッシュに替えました。ローウェンタールも人気が高いので、ファンの間で反感を買いました。

そうした背景から撮影した番宣的な動画と思われます。スタジオにわざわざカメラを入れて撮影して、YouTubeなどで無料公開するのは、何らかの効果が狙える目算なしでは不可能です。

公式アカウントではない“凖公式”です。日本でも、企業名をあえて隠すプロモーションがありますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
http://animetranscripts.wikispaces.com/Princess+Tutu
で、プリンセスチュチュのディクテーションをやっている者です。
北米版『プリンセスチュチュ』は、10/11に3度目のボックスが発売されたのですが、http://amzn.to/mRWDNe
各巻にスタジオ収録風景が特典映像として入っています。
→5巻 http://youtu.be/wBhSwyuhQa4 ネタバレはありません。
(6巻の特典映像が本当に素晴らしいのですが、最終巻でネタバレが激しいので。内容をご存知でしたら、是非一度検索してみてください)。
『プリンセスチュチュ』には他にも北米スタッフと、北米アクターのオーディオコメンタリーや、北米オリジナル編集の解説映像とか、嘘っこアテレコ(だと思う)が入っていたりします。
こういうことは珍しいのでしょうか?
(他にも数本北米版を持っていますが、日本版以上の特典映像はあまり見たことがありません)
他にもこういった特典があるものをご存知でしたら教えてください!
kohiran
2011/10/12 01:26
プリンセス・チュチュは名作だと思います。ご紹介いただいたサイトと動画を拝見しました。吹替えの質が高そうですね。

北米版ならでは映像特典が、ここまで豪華なアニメは他に知りません。嘘っこ吹替え、楽しいです。このスタジオの中は、前から見たかったのです。どうもありがとうございます。
うーな
2011/10/12 23:59
チュチュご存知でしたか!
でしたら是非
最終巻収録風景 http://youtu.be/0i-UAcYuIwE
4巻バレエと音楽解説 http://youtu.be/OVcwFSs57VU
もご覧ください。
今日ちょうど北米3個目のボックスが手元に届きました。
http://amzn.to/mRWDNe
日本では全然手に入らないのですけどね(^^;
kohiran
2011/10/13 20:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
吹替え収録を撮影・公開する事情 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる