今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 謎のツワナ語吹替えアニメ

<<   作成日時 : 2011/09/09 03:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

1990年代前半、南アで現地語の一つ、ツワナ語に吹き替えた日本アニメを観ました。場所はヨハネスブルグ近郊です。観たことがないアニメでした。

絵柄は世界名作劇場に似ている。NHKアニメっぽさもある。絵の感じは1980年代半ば以降? タイトルの日本語がi一瞬だけ見えました。ふたご、学院、とあったのは覚えています。中学生くらいの女の子の学園物です。

BOP(ボップ)TVというボプタツワナのツワナ語放送テレビ局で放送されていました。ボプタツワナは、ツワナ人の居留地でした。7ヶ所の飛び地の総称です。ヨハネスブルグの北にもあったし、ボツワナ国境にも。当時は「ボプタツワナ共和国」で、大統領がいて、軍隊や警察がありました。

1977年に「独立」、国連も諸外国も認めなかった「国」です。飛び地はあっても、まとまった地域に「領土」を持っていたトランスカイは南部、ヴェンダは北東部ですが、ボプタツワナはこういう言い方ができないほど離れていました。「北半分にぽつぽつ点在」としか言いようがないです。

■BOP TV
ツワナ語吹替えの学園物は、アフリカーンス語吹替えのアルプスの少女ハイジと違いました。

ハイジはOPにアルファベットのクレジット入り。日本人スタッフの名前がありました。EDはなく、予告のあと、吹替え陣のクレジットが文字のみ、という構成でした。

ツワナ語吹替えの学園物は、OP/EDなし。OP代わりの一枚絵にツワナ語のタイトル。日本語タイトルは一瞬見えるだけ。もう記憶が曖昧ですが、Aパートの終わりのアイキャッチだったような…。

ハイジはよく見れば日本アニメとだわかります。ツワナ語吹替え学園物は意図的にわからなくした感もあります。

BOP TVは、BOPはポップとボプタツワナをかけています。旧ボプタツワナにはテレビ局が2つあり、ボプタツワナ・ブロードキャスティングが国営放送の位置付け。BOP TVは音楽番組などエンターテイメント中心でした。

ヨハネスブルグでもプレトリアでも観られました。ツワナ語放送といっても、都市部の黒人は現地語が2つ以上できる人が大半です。1500万人の視聴者を見込んでスタートしました。

旧ボプタツワナは独裁政権で、一大収入源はラスベガスを真似た巨大カジノ。南アは賭博禁止だったから、ごっそり金が落ちた。プラチナやバナジウムの鉱山があり、採掘するのは南アの企業で、採掘料が入りました。

旧居留地の中でも飛び抜けてリッチでしたが、一般の生活は貧しかったです。カラハリ砂漠に近い北部は学校や病院が少なくて、識字率も低い。電気が通ってない地域も少なくなかった。

なので、BOP TVは素直に楽しめませんでした。音楽番組は良かったし、バラエティ物も面白そうでしたが。

■謎の資金援助
民主化後、BOP TVは奇妙な形で存続します。他の「独立国」旧居留地にもテレビ局があり、民主化後の1996年に廃止、国営放送の傘下に再編成されました。ところが、BOP TVは例外的に残り、2003年まで国営放送から資金援助を受けました。

閉鎖発表時のプレスリリースを読み返していますが…要するに資金援助を止める、だから閉鎖、です。言語の問題を優先した、ともあります。ツワナ語や北ソト語など5つの言語で、北部のローカル局として再スタート予定、と。

民主化後、9つのアフリカ現地語も公用語になりました。アフリカは国によって言語政策が違い、今でも英語だけが公用語、フランス語だけが公用語の国もありますが、南アは多言語主義です。

言語は南に行くほどシンプルで、南東部はズールー語、南部はコサ語と分かれています。

北部は入り組んでいます。とくに北東部は、車で1時間移動したら、言語が違うほど。資金援助するなら、北部の各言語に対応するのが本筋です。少数派を冷遇したら、軋轢が生じるもとになります。

BOP TVが存続できた背景は不明です。7年も援助したのは何かあったとしか…。

■アニマックス進出
1995年に衛星放送が始まり、英米のチャンネルが進出。カートゥーン・ワークやディズニーXDも視聴可能です。

2007年、アニマックス・サウスアフリカが放送を開始しました。英語版です。エヴァンゲリオン、ガンダムseed、ウルフズレイン、ラストエグザイル、エウレカセブン、攻殻機動隊、ブラックラグーン、デスノートなど、多数のアニメが放送されました。

子ども向けが多くないと定着しないので、放送したと思います。確認できないだけです。ポケモンはフォックス系かもしれません。

その後「アニマックス・アフリカ」と名称が変わり、ジンバブウェ、ナミビア、レソト、スワジランドなど、南部アフリカ各国に広がりました。残念ながら視聴世帯が増えず、昨年10月、放送を休止。今年2月、ソニー・マックスとして再スタートしました。

英語放送が増えて、現地語の子ども向きアニメは貴重です。私が観たのはツワナ語吹替えの学園物、アフリカーンス語のハイジの2本ですが、他にもあると思います。がんがん再放送されたのではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まちがっていたらごめんなさい。
たぶん、クレア学院物語じゃないですか?

http://www.tms-e.com/search/index.php?pdt_no=318
ふたご学院
2011/09/10 08:08
まさに、この絵です! 長年のもやもやが消えました。どうもありがとうございます。
うーな
2011/09/10 15:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
謎のツワナ語吹替えアニメ 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる