今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語版ケロロ軍曹 -- 3人のケロロであります!

<<   作成日時 : 2011/09/24 03:02   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ケロロ軍曹の英語タイトルは Sgt. Frog です。SgtはSergeant(軍曹)の略なので「カエル軍曹」です。ケロロは Keroroです。名前は変わっていません。ケロロのサウンドクリップは、

http://www.behindthevoiceactors.com/tv-shows/Sgt-Frog/Keroro/

アンドレア・クワンはアニマックス・アジア版です。アジアと欧米は、声に対する感性が異なるため、他のキャスティングも一部違います。アニマックス・アジアのみ一部キャスティングを変更したアニメは他にもあり、エウレカセブンは主人公・メインキャラ数人が替わりました。

アニマックス・アジア以外の英語版のケロロは、少々複雑な経緯から生まれました。

・ヴィク・ミニョーナ:旧ADV版(初代ケロロ)
・トッド・ハバコン:ファニメーション版
・クリス・ケイソン:ファニメーションのテスト版の一部

ミニョーナは鋼の錬金術師(エド)、ハバコンはヘタリア(ヴェネチアーノ)、フェアリーテイル(ナツ)が代表作。クリス・ケイソンはADRディレクターもこなす中堅で、ドラゴンボール(天津飯)、ハガレン(グラトニー)、ヘタリア(神聖ローマ帝国)など。

最初のライセンス事業者の旧ADVは、日本側との業務提携によるサブライセンス契約です。こういう業務提携です。

http://www.sojitz.com/jp/news/2006/20060626_01.html

(A.D.Visonは旧ADVの正式名称です。流通時のロゴ、長年親しまれてきた名称は「ADV」です。このブログに来られる方はインタビューなどチェックする方もおられると思うので、「ADV」と表記しています)

2006年11月、旧ADVがライセンス獲得を発表、ネットでトレイラーを流しました。DVD第1巻は2007年2月に発売予定でしたが、延期に。1年近く遅い2008年1月22日にリリースされました。タイトルは、

Sgt. Frog -- Amphibious Assault

amphibiousは水陸両用の、両生の、上陸作戦の、という意味です。旧ADVは内容を伝えつつ、センスが良い英語サブタイトルを時々つけていました。

ところが、6日後にパンプキン・シザーズやNHKにようこそなど、13本のアニメと共に旧ADVのカタログから外れました。理由は未だに不明。同年7月、権利はファニメーションに正式に移行。この時、旧ADVからファニメーションに権利が移行したアニメは30本以上です。

http://www.animenewsnetwork.com/news/2008-07-04/funimation-picks-up-over-30-former-ad-vision-titles

吹替え済の作品は、そのままか多少の修正を加えられました。ケロロ軍曹は30話以上未収録で、第1話から吹替えをやり直すことに。ミニョーナ・ケロロは降板、ハバコン・ケロロやケイソン・ケロロが生まれした。

降板になったミニョーナは、今年のアニメ・エクスポで「ハガレンFAの新キャラは誰が好き?」と質問された時、ケロロ軍曹について述べています。

「トッド(ハバコン)はリン・ヤオ役で、あいつイタリア、俺の敵(親のどちらかがイタリア系のミニョーナは、ヘタリアのイタリアをやりたかったのでは、と言われている)いや、トッドとは友達です。
 おかしな話があって(Let me tell you a funny story)、ケロロ軍曹、最初のライセンスはADVで、僕がケロロでした。とても面白かった。楽しくて愉快で、大好きなアニメです。ライセンスがファニメーションに行って、ファニメーションはオーバースクラッチにしたくなかった。で、今はトッドがケロロ軍曹やってます」

立場的に答えにくい質問に、ヘタリアのキャスティング不満説を逆手に取ってジョークでかわした後、ケロロ軍曹の話です。降板なのに funny と言い、楽しそうに話し、途中で笑っていました。背景は少しわかりました。

FUNinmation did not want to make the story overscratched and Todd is now playing Sgt. Frog.

ケロロ軍曹は、海外では通じないギャグが多いから、adaptation が欠かせない。旧ADVの adaptation は、ファニメーションが「やりすぎ」と判断する内容だった(だから自分は降板、とほのめかすような言い方)です。

サウンドクリップで、ミニョーナのケロロは“Who you call me little?”と言っていますね。これはハガレンのエドの有名な台詞です。旧ADV版には、こうしたパロディが入っていた可能性が高い。ガンダム・ネタが通じにくいからです。

ガンダム・シリーズはアメリカでは苦戦、成功したのはガンダムWくらいです。絵と関連がない場面で、他の人気作のパロディというのは、ありえる方向です。

旧ADV版は流通した期間が極めて短いため、入手困難です。どんな改変をして、どんなギャグをかましたのか。ファースト・ケロロの話しぶりから「カオス渦巻くアナザーワールドであります!」の気が…。

■意外な善戦
「国策の一環」的に輸出されたケロロ軍曹は、設定に似た展開になります。イギリスやドイツに支社があった旧ADVで「欧米に進出するであります!」だったのに、フクナガ家(ファニメーション)の軍門に下る。そのあとに本格的な展開が始まるところも似ています。

ファニメーションはアドバイザーをつけ、キャスティングを一部替えて、第1話からやり直し。2008年11月、YouTubeでテスト版の配信をスタート。テスト版で何度も変更しています。

ギャグ物を日本語オリジナルに忠実にやったら、どこが面白いかわからなくなります。でも、楽しさ・面白さを追求すると「オーバースクラッチ」に陥りやすい。

今でも、YouTubeで一部視聴できます。ファニメーションは流出に非常に厳しいですが、テスト版で何度も変更した経緯から、あえて放置なのでしょう。私はヘタリアの後に観たので、「ヴェネチアーノが普通の英語でしゃべってる!」でした。

ライセンスは、日本コンテンツ投資事業組合の子会社 ARM が解散して、ファニメーションが直接持っています。

徐々に軌道に乗り、好調なようです。今年、ファニメーションは3rdシーズンのライセンスを買いました。ケロロ小隊、ゆるゆる善戦しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英語版ケロロ軍曹 -- 3人のケロロであります! 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる