今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本アニメの海外進出と音楽の著作権

<<   作成日時 : 2011/08/25 15:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

7/29に紹介した鋼の錬金術師FA、英語版DVD・BD最終巻のトレイラーが、ソニーミュージックの著作権侵害申し立てにより削除されました。

ライセンスを買ったファニメーションの公式トレイラーです。OPやEDを丸ごと使用なら理解できますが、私はまったく気づきませんでした。削除と知って、記憶をたぐり寄せています。

「まずいかな?」と思ったカットはあります。エドの腕が戻った直後の場面。アメリカはTV放送中で、9月下旬に最終話の予定です。でも、ストリーミング先行ですね。知っている人は知っているからいいのかな、カートゥーン・ネットワークがまずいと判断したら、取り下げさせるだろう、と。

音楽に関しては、まったく。どの部分でしょうね。全然わからない。覚えてない。何度か観て、このブログに上げる前にもう一度、確認もあるから、最低5回は観てます。でも、覚えてない。

北米は映像ソフトの売上が落ちています。「観たい」「欲しい」という気持ちを刺激するトレイラーを作ろうとして、わずかに線を超えたかもしれません。

とはいえ、ソニーミュージックのやり方は大人げない。ライセンスを買った企業に対してやることではないです。YouTubeから消したいなら、やり方はあるわけで。大人の振舞いできないんですか、ソニーミュージックさんは。

■音楽の権利問題
輸出する以上、音楽の著作権でも合意が不可欠です。日本側が充分に準備していれば、ライセンス契約の際に煮詰められる。このあたり、どうなっているのでしょうか。

ハガレンの場合、無印で予想を超えた事態が起きた経緯があります。アメリカ側が打診、日本側が断った。イギリスやカナダでもブレイクした頃だから、悪い話ではなかったと思いますが。

私は前例を作っておいたほうが良かったと考えています。「法的解釈に基づく合法的な」前例を作っておかなかったのは失策です。

いずれ、他の国でも起きる事態です。「アニメだけ輸出して、音楽はだめなのか」となった時、どうなるのか。著作権にゆるい国なら、無断で作って売るでしょうね。その時に慌てても、何を今さら、です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本アニメの海外進出と音楽の著作権 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる