今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS もふもふ文明開化

<<   作成日時 : 2011/08/13 19:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

明治維新は英語で Meiji Restoration が定番の訳です。当時の日本では「御一新(ごいっしん)」がポピュラーな言い方です。断髪令や改暦などは庶民の生活にも関わる一大変革でした。短髪にする女性もいたので、断髪脱刀令(明治4年)の翌年、女子断髪禁止令が公布されました。

「文明開化」は普通に使われました。断髪令の後に流行った歌が「散切(ザンギリ)頭を叩いてみれば、文明開化の音がする」です。

明治初期では、洋風建築やガス灯の街並みは大都会だけ。大都会を一歩出ると、江戸時代と同じ風景でした。木戸孝允(桂小五郎)が「日本橋周辺の文明開化」と言ったほどです。

さて、うさぎとモルモットを飼い始めた日本。「ふわふわ」の英訳はfluffy です。動物の毛がふんわり〜は furry もありますね。fluffyは語感的にも「もふもふ」な感じがします。



ヘタリア日本が新しいペットを飼うように、日本人は新し物好きです。西洋の植物も、どんどん入りました。バラの品種開発も手がけ、明治時代に生まれた紫玉(しぎょく)は、今でも根強い人気があります。

その一方で、福寿草の人気は落ちます。原因は改暦です。旧暦では、正月頃に咲きますが、新暦では開花時期が合いませんね。江戸時代後期には100種類以上ありましたが、大正時代までに園芸種の多くが消えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もふもふ文明開化 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる