今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS 北米とフランス語圏のBD化事情

<<   作成日時 : 2011/07/30 14:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少し前まで、北米はDVDが激安な分、BDは割高感がありました。でも、最近は安くなっています。BD化も早くなっている。価格は、アメリカのアマゾンです。

・ソウルイーター
2010年2月、DVD第1巻が発売
今年5月、前半25話がDVD・BD同時発売。後半は今年8月発売予定
26.99米ドル(DVD)
29.99米ドル(BD)

・東のエデン
2010年10月、TVシリーズ11話収録のDVDとBDが同時発売
23.49米ドル(DVD)
25.49米ドル(BD)

この2作品の北米でのライセンスは、ファニメーションです。BD化が早く、最近はDVD・BDの同時発売にも着手。自社ストリーミング配信を始めたのが早かった分、効率的にやれるのかなと思います。

■各社様々
メディア・ブラスターズは本腰を入れてきました。アニメでは中堅どころ、自社ではストリーミング配信していません。

・精霊の守り人
2008年11月、DVD第1〜2巻発売
(一時放送中止のため、最終巻の発売は2009年12月)
2011年2月、BD前半を発売、後半は同年4月
2011年6月、DVDコンプリート・ボックス発売
35.99米ドル(BD前半。後半も同じ価格)
42.99米ドル(DVDボックスセット。大手のDVエンパイア)

アマゾンでは、DVDボックスセットが20.89ドルです。普通はDVDエンパイアのほうが安いから、何だかおかしい。全般に高めのアニメ・キャッスルでは49.99ドルです。

衛星アニメ劇場出身では、十二国記が同じ会社です。今年8月、BD第1巻(14話収録)が発売予定です。28.99米ドルです。

今日からマ王!は難しい問題に直面しているような…。別記事にします。

蟲師はファニメーションです。BD化は未定ですが、権利関係の問題を抱えていません。近い将来ほぼ確実だと思います。

プラネテスも未定です。こちらはバンダイエンタテイメントです。Akira のBD化では成功しましたが、他は遅いです。エウレカセブン劇場版、時をかける少女、ガンダムUCなど劇場版とOVAが中心で、TVシリーズは少ないです。

■フランス語圏は始まったばかり
フランス語圏は、売れ筋からBD化が始まった段階です。価格はライセンス元です。1ユーロ=113円で換算します。

・Akira 25ユーロ(BD通常版 2825円)

・鋼の錬金術師 シャンバラを征く者
25.90ユーロ(BD通常版 約2927円)
15ユーロ(DVD通常版 1695円)

・アフロサムライ
20ユーロ(BD通常版 2260円)
15ユーロ(DVD通常版 1695円)

・サマーウォーズ
29.95ユーロ(BD 約3384円)
24.95ユーロ(DVD 約2819円)

『青い文学』は、TVシリーズではかなり早いです。北米には、まだ紹介されていないと記憶しています。調べても出てきません。

・青い文学
29.95ユーロ(BD 90分。4話収録? 約3384円)
24.95ユーロ(DVD 90分 約2819円)

DVDはリージョンフリーのプレイヤーが必要ですが、BDは基本的にリージョンがないですね。個人輸入しやすい時代になったと思います。イギリスはリージョンBの場合もあるので、要注意です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北米とフランス語圏のBD化事情 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる