今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS Code Geass TURN 1 The Day a Demon Awakens

<<   作成日時 : 2011/06/02 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

突っ込みどころ満載な2期の第1話です。いろいろ不満はありますが、 1期の終わり方がアメリカのドラマによくあるクリフハンガー方式と考えれば「まあいいか」です。

クリフハンガー方式を始めたドラマは、テキサスの石油富豪一家の愛憎劇『ダラス』です。長兄が第2シーズンの最後に撃たれて、誰が撃ったか話題になり(1980年)、それ以降、浸透します。日本ではすぐ次のシーズンが放送されたので「リアルタイムで観ていたら、いらついたかも」と思ったものです。

英語wikiによると、ブリタニアの首都ペンドラゴンはテキサス州のメキシコ湾沿い。テキサスつながり、一族ドロドロつながりで、何だかどうでもいい。この2ヶ月間、ピクチャードラマとサウンドエピソードで、底意地の悪そうなルルーシュ声ばかり聞いて、うんざりしていますし。

ルルーシュ役のジョニー・ヨン・ボッシュは、ブリーチの黒崎一護も吹替えているせいか、声の印象が強くなるピクチャードラマやサウンドエピソードでは、意地悪い声がほとんどです。本編に戻り、嫌味さが薄らいで、何だか新鮮です。

1期の第1話とほぼ同じ展開ですが、台詞の組み立て方がこなれてきています。このスポイラーはフットが混ざる台詞は響きが良く、ない台詞は弱いことがわかりやすいです。




C.C.:Lelouch, I came to get you out of here, Lelouch. I'm on your side and your ally. And your sworn enemy is Britania. We have a contract. You and I are both acompolices.

シラブルは、早い時期から意識したと思います。「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる」の訳はいくつか考えられますが、command がほとんどですね。order を使った時は、響きが悪かったです。

皇帝になった後は I が取れますが、響きには影響していません。
Lelouch と command は同じ構造だからです。間の vi Britania は発音で調節しています。I command you は他のキャラクターの台詞にもありますが、ここまで強い響きを持たないのはシラブルの強弱が相互関係にないからです。

この独白にはアイアンビックとアナペスティックが混ざり、ごちゃごちゃ理屈っぽいですが、

That's right. It wasn't me who was wrong. It was the world.
The world has to change. So I will change it.

バンとシンプルに切り替わって、効果的です。
このあとの声は卜部でしょうか。

We've been waiting for you, Master Zero. Please give us your orders.

Master Zero は初めて出てくる表現です。日本語でも「ゼロ様」ですね。

Lelouch:Very well. Because after all, I am Zero, the one who'll crush the world, and the one who'll recreate the world anew.

手のクネクネからフット入り台詞です。「オーバーアクションには芝居がかった台詞でバランスを取る」という考えだと思います。




ガンダムで英語を身につける本?あの名セリフは英語だとこうなる!
宝島社
ガンダムEnglish研究会

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ガンダムで英語を身につける本?あの名セリフは英語だとこうなる! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Code Geass TURN 1 The Day a Demon Awakens 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる