今日は店じまいしました

アクセスカウンタ

zoom RSS コードギアス STAGE 4.33 & STAGE 6.75

<<   作成日時 : 2011/04/16 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■STAGE 4.33
今はこのエピソードが観られませんが、少し前に観た時、ヴィレッタがジェレミアを sir と呼ぶのが引っかかりました。

本編ではヴィレッタはジェレミアを Lord Jeremiah, lord, my lord と呼びます。
STAGE 4.33には出てきませんが、キューエル卿は Lord Kewell と呼ばれています。キューエル卿の身分は不明ですが、「〜卿」の訳は、だいたい Lord 〜 です。 貴族の軍人は基本的に lord をつけています。

■STAGE 6.75
スザクの固めの英語が、日本語オリジナルとは一味違う面白さです。
スザクはSTAGE 23.95で、終戦後すぐ、桐原にブリタニア軍の総司令部に行くように言われたとあるので、軍の幼年学校のような教育機関に通ったのでしょうか。

旧日本陸軍の幼年学校は全寮制で、13〜14歳で入学、2〜3年で卒業します。同様の教育を受けたら、自然にがちがちの軍人ブリタニア語になりそうです。

Rivalz:Oh, I see. So, Lelouch came over drinks and had a break when you were kids. That's how you met.

Suzaku:Correct. However, we didn't spent great deal of time together.

Rivalz:Ah, listen. When we talk, can we not reet so formal? We are just classmates, you know.

後半は、Engineering Core(特派)でセシルのレッスンです。

Suzaku:Warrant Officer, Suzaku Kururugi, I've returned reporting for duty.

Cécile:Suzaku, when you come in, just say “I'm here“, that's enough.

Suzaku:But regulation states....

Cécile:It's OK. Our policy is different here. While we are working, we ignore miltary or domestic right or rank. Right, Lloyd?

Lloyd:Suit yourself.

Cécile:OK, Suzaku, give it and try. You know, say it with a feeling like you're just coming home.

ロイドは伯爵だから、親しい間柄でない限り、Lord か Earl をつけないと失礼ですが、セシルはファーストネームで呼び捨てですね。
逆にロイドはセシルをよく Miss Cécile と呼びます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コードギアス STAGE 4.33 & STAGE 6.75 今日は店じまいしました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる